このブログ内記事検索
 

ひらめき探したいキーワードを枠に入力して『記事』をチェックし『検索』を
クリックすると、このブログ内の記事が見つかります。(゚∇^d)

2008年08月30日

諏訪大社 下社秋宮

2008年8月26日 旅行2日目、春宮を見た後に
こちらの秋宮を見に来た。

春宮に比べて、参拝客も多くにぎやかな感じがした。

秋宮1 秋宮2

秋宮3

駐車場に車を止めて、神社のほうを見ると白い煙がすごい。
もしかして、ごまたきかそれとも線香?がすごくて煙が
モクモクとしてるのか?

驚きつつ近づくと、単なる落ち葉を焼いていた(笑)

春宮とは違って秋宮は、拝殿前の建物も大きく立派でした。

秋宮4 秋宮5

そして、建物の画像を見てもわかるように、周りには秋だから?
ススキがたくさん飾られていました。
何か意味があるのでしょうかね?
春だったら春宮も何か飾るのでしょうかね?

そして、後ろの拝殿は春宮とつくりが同じでどっしりした
建物が構えていました。

秋宮6

そして、こちらにも御柱が立っていました。

秋宮7

よく見るとサルノコシカケがでていました!(笑)

秋宮8 秋宮9

さらにすごいと思ったのは、拝殿の脇の建物の屋根!
春宮では気づかなかったし、春宮もそうなってるかわからないが
屋根をよく見ると、行ったいくつの板を重ねているのだろう?
って思える部分が見えました。
画像に写したのわかります?
これ、ただのいたでしょうかね?それとも何か書いてあるのか
ちょっとどきどきした部分です。

■諏訪大社 下社秋宮



大きな地図で見る

住所:〒393-0052 長野県諏訪郡下諏訪町上久保5828

電話:0266-27-8035

駐車場有(無料)トイレも完備されています。
ただし、駐車場は少し狭いです。

■諏訪大社サイト
posted by True(トゥルー) at 16:57|  長野県/神社・寺関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

諏訪大社 下社春宮

2008年8月26日 旅行2日目に諏訪大社に向かった。

諏訪大社は、諏訪湖周辺に4箇所の境内地をもつ神社で
全国各地にある諏訪神社の本社である。
その起源は定かではなく、国内にある最も古い神社の
一つとされている。

そのうちの下社である春宮を最初に見に行った。

駐車場に行く前に下記のような橋の真ん中にあり
ちょっと驚く。
これは、太皷橋で、別名を下馬橋といわれ、室町時代の
造りであり、身分に拘わらず馬から下りて渡らなければ
ならないとされたらしい。

また、下馬橋は室町時代の建立で、建築様式は鎌倉時代の
もので1730年代の元文年間に修築された。
下社では最も古い建物で、遷座祭の折に神輿はこの橋を
渡るそうです。
なので、普段は通れないようになっていました。
う〜ん、渡って見たいものですねぇ〜。

春宮1

そして、駐車場に車を止めてまずはお清め。

春宮2

春宮3

春宮4 春宮5

この後、秋宮に向かうのだが、秋宮と違って春宮は
静かな落ち着いた感じの場所に見えます。

春宮も秋宮も拝殿は同じつくりですが重圧があり
かなり立派なつくりになっています。
また堀細工もたくさんあり、かなり凝った堀細工も
見られました。

春宮6 春宮7

春宮8 春宮9

拝殿の奥は、入れないけどのぞけました。(笑)
地面には見事なコケが生えていて、建物よりそこに目が行って
しまいました(笑)

そして、拝殿を正面にして左側に入って少しだけ歩くと
万治の石仏」を見ることができます。


春宮11 春宮12

川を赤い橋を渡り、右側に行くと万治の石仏があり
左に行くと・・・岡本太郎の石碑?だったかな
それらしきものが建っています。(そこは見てこなかった)

春宮13 春宮14

万時の石仏の案内看板に書いてあった、のみを入れたら
血が出てきた石仏・・・そのノミの後が今でも残ってるって
書いてあったんだけど・・・どれかわからなかった・・・。

春宮15

もしかして、後ろ側の全体にかけた部分がそうだったのか?
いまいちわからなかった私たちです(;^_^A アセアセ・・・

それにしても面白石仏、ここ以前みのもんたの出てるTV番組で
取り上げられたこともあるんだって。
なにやら首が何年かで伸びてきたとか。
実際は、この首を止めてる穴に水が入りそれが氷って
上にあがってきてしまったらしいです。

ノミで彫って血が出てきたのに・・・仏像として
いろいろ彫りもんされてるし、首を支えるために
穴を開けてるって・・・なんだか矛盾してるような?(・▽・;)
それはいいのか?

そして、神社の話に戻って、秋宮にもあるのですが
ここでは7年に一度の「御柱」というお祭りがある。

春宮16 春宮17

春宮に2本あったかな?秋宮にもありました。
・・・下社にあったけど、上社は見てないのでなんともいえません。

神社より、少し離れた場所で行われるそうです。

春宮18 春宮19

春宮20


*******************************

■諏訪大社 下社春宮


大きな地図で見る

住所:〒393-0092 長野県諏訪郡下諏訪町大門193

電話:0266-27-8316

駐車場あり(無料)トイレも完備。

■諏訪大社サイト

■御柱のサイト
posted by True(トゥルー) at 16:30|  長野県/神社・寺関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

善光寺

2008年8月25日に長野県にある善光寺へ行ってきました!

お天気は、曇り空だけど雨よりはずっとまし(゚∇^d)
しかも暑くもなく、涼しすぎるわけでもなく、見て歩く
のにはもってこいの気温でした。

まず、高速降りて善光寺に向かう途中、朝のラッシュに
はまってしまったのだ。(−−;これは忘れていた・・・。

さらに驚いたのは道路。
川を渡る前に走る道路は三車線になってるんだけど
確か、朝の9時ごろまでかな?一番左側はバスやタクシー
などの優先専用道路で、一般車は走れないことに気づいた!

これはびっくり!Σ(゜◇゜ノ)ノ どうりでみんな走って
ないはずだ〜

あわてて斜線を変更した2、3分後、なんと隠れた場所で
白バイが張っていた( ̄ロ ̄|||)なんと・・・・。

気づくのが遅かったら、危なかったのだ!旅行へいって
いきなり罰金なんてしゃれにならないよね〜。

初めて行く他県の方、十分にお気をつけくださいませ(;^_^A アセアセ・・・

そして、通勤ラッシュの渋滞にはまりつつ、何とか善光寺が
見えてきた♪
さて、いきなり出た場所は仁王門まえ・・・いきなりここか?!
さて、駐車場はどこでしょう?なんて探しながら、どうせなら
下から歩いてこうようってことで、よくわからないけど市営の
駐車場に止めて歩きました。

善光寺1

駐車場からのんびりと本堂へ向かう途中、歴史ありそうな
建物が建っていたり、雰囲気ある店構えの蕎麦屋があったり
見てるだけでも、いい感じ。
しかも蕎麦屋はまさに仕込み!麺を作ってる様子がガラス越し
から覗く事ができた♪


そして、目の前には最初に圧倒される仁王門。

善光寺3

善光寺5 善光寺6

それにしても立派な仁王尊です。
そして、後ろというか北面にあたる場所には、三面大黒天と
三宝荒神を安置。

善光寺2 善光寺4

仁王門を通り過ぎると、さらにお土産さんがあったり、
脇には○○坊や○○院といった建物が建っている。

なんだろうね〜変わった建物や、何の建物だろう?って
思わせるものが並んでいて、なんとなく竜宮城に来た気分(笑)


善光寺7

善光寺8 善光寺9

そして、現れたのは立派な建物の三門。
ここは、老朽化して修復していたので、一般公開を控えて
いたようだが、直った為一般公開されていた。
ただし、いつでも見れるわけではなく、決まった時期のみ
なのだが、今回は特別で8月中は公開していた。

来た時は、時間が早かったのでやっていなかったが、帰り道
気づいたら、公開がはじまっていた。
ただ、私たちも上りたかったけど、人がずいぶんいて、並ん
でいたので見てると時間がなくなるので、あきらめ〜。

そして、本堂へと向かう。

善光寺10 善光寺11

その前に、お線香を上げて・・・本堂へ。
※ちなみにお線香はひと束100円です。

善光寺13 善光寺12

本堂の中では、拝観する券を自動販売機で買い、靴を脱いで
中へあがる。
まずは、お焼香を上げでから回るようにと説明される。

※残念ながらというか、当たり前というか、本堂無いでは
 撮影禁止ため、画像はありません。

内々陣で、お焼香を上げたと、さらに奥へ行くと・・・。
「お戒壇めぐり」って場所があり、暗闇の中へと進むように
なってます。
ここは、ご本尊の安置される瑠璃檀下の真っ暗な回路を通り
中程に懸かる「極楽の錠前」を探り当てて、秘仏のご本尊と
血縁する道場だそうです。

行きましたよ!(>▽<)
結構急な短い階段を下りると先は、暗闇。

母が先頭で、次に私、その次に旦那。
その後ろに外人カップル。

本当に、目の前真っ暗ってこのこと。
闇の中では、見えないと狭いのでは?ぶつかるのでは
などといろいろ思っちゃたしましたが、実際は
ひとが余裕で通れる広さです。

でも、なぜか腰が低く頭を下げた状態で歩いちゃう(笑)
一応、まっすくでは無いので両手を広げ、壁に手を当てて
歩いていくと、途中違った壁に出会った!
その周りを探ると、ドアなのか?動くんです。
そししたらあった!!!O(≧∇≦)O イエイ

錠前見っけたよ!!っで、見つけないで先に行った母を
呼び触らせる。そして旦那も触る。
フフフ、ココダーー!っ言わんばかりに錠前を鳴らす( ´,_ゝ`)プッ

おかげで、後ろから来た外人さんも触れたみたい♪

いや〜中々怖かったけど、面白かったです。
ぜひ、行かれた方はチャレンジしてね!

暗闇から出して、本堂を出て、次に向かったのは宝物館。

善光寺14 善光寺15

ここは、三門をでて本堂を背に右側にあります。

ここは入場料200円だったかな?
はっきり行って、この料金では安すぎるのでは?ってくらい
見ごたえがありました。
撮影は・・・していいのか?だめなのかわからなくって。
何も張り紙が無いので、よかったのかなぁ・・・?
なんてずっと思いつつ、撮影しないで、脳内に焼き付けてきました。

中は、結構広く、展示してあるものも、なかなか見れるものでは
無いものもあってとっても面白かったです。
建物自体も、歴史あるもののようで、雰囲気たっぷりでしたよ。

たっぷり、善光寺をみて回った後は、腹ごしらえ〜。
参道のなかからひとつ、お蕎麦屋さんを選んで食べていきました。
※メインの美味しいもをご覧ください。

*******************************

■善光寺


大きな地図で見る

住所:〒長野県長野市元善町491

電話:026-234-3591

内陣券頒布価:大人500円
宝物館:200円

時間は、善光寺のサイトにてご確認ください。

駐車場あり(料金は場所によります)

トイレ完備。

■善光寺

■善光寺 大勧進(宝物館)
posted by True(トゥルー) at 14:59|  長野県/神社・寺関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。